「タイヤ豆知識」タイヤ溝のご確認を!【Uステーション小牧】

皆様、スタッドレスタイヤのシーズンが近づいてまいりました

今年は愛知県も雪が沢山降ると言われていますが、
スタッドレスなんて必要ない!という方も万が一に備えて
今一度、通常のラジアルタイヤも含めて自分の車のタイヤを確認してみてください。

IMG_5755.jpg

まさかこんな状態のタイヤを履いてみえる方はいませんよね。。。
これだと中央の溝はまだなんとか良いとしてもタイヤの肩にあたる部分がほとんど溝が無い為、
いざという時にカーブ時の踏ん張りは効きません。

新品の状態のタイヤを見れば一目瞭然

IMG_5759.jpg

そして、もう一つ肝心なのはタイヤの製造年です。
タイヤはゴムなので時が経てばゴム質が変わってきます。
輪ゴムが劣化しててすぐ切れてしまう、なんて経験された方は多いのでは?

タイヤの製造年数はタイヤメーカーによって多少の違いはありますが、
このようにタイヤの横に記号と4桁の数字や4桁の数字のみで記載されてる事が多いです。

下2桁が西暦の下2桁。
上2桁は製造ロット番号である事がほとんどです。

ちなみにこちらは2020年製造のタイヤ。

IMG_5758.jpg

おおよそ3年目くらいからタイヤの劣化は大きく進みます。
自分のタイヤが2017年以前のタイヤである方は
ぜひ一度、お近くのガソリンスタンドで相談してみてください!

勿論、当店でも随時タイヤの相談は受け付けております。
また、11月末までタイヤ祭りを実施しておりますので
安く購入されたい方はご相談だけでもぜひご来店ください。
お待ちしております

IMG_5754.jpg